晩夏から初秋の希少食材『子持ち鮎』のご予約承っております。

晩夏から秋にかけ、丹後の希少な食材「子持ち鮎」が食べられる宿泊プランのご予約を承っております。京都・丹後で育った地物の子持ち鮎を是非この機会にお召し上がりください。

 

 

 

子持ち鮎
晩夏から秋に希少な食材として丹後で知られる「子持ち鮎」は、夏に旬を迎える鮎(若鮎)とは違った子持ち鮎の独特の食感、身の締まりや甘みに「熟成した旨み」が加わり美味しさが増すようです。
■タイトル■
何度撮ってもグロテスクに写ってしまいますが、味はご安心を。やはり夏に食べる鮎とは少し違い、濃い深い味わいがしました。「鮎」特有の苦味も大人の味として好んで食べられる方も多いかと。最近お酒が飲めるようになった私ですら、子持ち鮎をあてに一杯やってみたいものです。
> 京都・丹後産の『子持ち鮎』を使ったプランはコチラです。
 

間人温泉郷 昭恋館よ志のや

〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人1297-3
TEL:0772-75-2284
MAIL: yoshinoya@taiza.jp

 

◆間人温泉郷 昭恋館よ志のや 公式HP
http://taiza.jp/

◆昭恋館よ志のや謹製商品 公式通販サイト
http://taiza.cart.fc2.com/

◆ご宿泊・ご昼食の詳細はこちらです。
https://goo.gl/ogkJH9

◆間人温泉郷 昭恋館よ志のや Facebook
https://www.facebook.com/taizayoshinoya

 

晩夏から初秋の希少食材『子持ち鮎』のご予約承っております。

晩夏から秋にかけ、丹後の希少な食材「子持ち鮎」が食べられる宿泊プランのご予約を承っております。京都・丹後で育った地物の子持ち鮎を是非この機会にお召し上がりください。

 



 

 

子持ち鮎
晩夏から秋に希少な食材として丹後で知られる「子持ち鮎」は、夏に旬を迎える鮎(若鮎)とは違った子持ち鮎の独特の食感、身の締まりや甘みに「熟成した旨み」が加わり美味しさが増すようです。
■タイトル■
何度撮ってもグロテスクに写ってしまいますが、味はご安心を。やはり夏に食べる鮎とは少し違い、濃い深い味わいがしました。「鮎」特有の苦味も大人の味として好んで食べられる方も多いかと。最近お酒が飲めるようになった私ですら、子持ち鮎をあてに一杯やってみたいものです。
> 京都・丹後産の『子持ち鮎』を使ったプランはコチラです。
 

間人温泉郷 昭恋館よ志のや


〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人1297-3
TEL:0772-75-2284
MAIL: yoshinoya@taiza.jp

 

◆間人温泉郷 昭恋館よ志のや 公式HP
http://taiza.jp/

◆昭恋館よ志のや謹製商品 公式通販サイト
http://taiza.cart.fc2.com/

◆ご宿泊・ご昼食の詳細はこちらです。
https://goo.gl/ogkJH9

◆間人温泉郷 昭恋館よ志のや Facebook
https://www.facebook.com/taizayoshinoya

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*